Blog
ブログ

【トランス脂肪酸は体に悪い?】トランス脂肪酸が体に与える悪影響について医学的に徹底解説!

query_builder 2023/02/20
ブログ一覧
スクリーンショット (111)

こんにちは!

BLC Personal Gym 六本木の権藤です。

本日は【トランス脂肪酸は体に悪い】健康・ダイエットについて医学的に徹底解説していきます。

皆さんは健康な食生活したいけどなにを気をつけて食事をすればいいか悩んでいませんか?

実はパンや揚げ物に含まれるトランス脂肪酸という物質が体に悪いことがわかっています。

 

結論、これらトランス脂肪酸が含まれる食品を避けながら食事を栄養バランス良く摂取していく必要があります。

この記事では、トランス脂肪酸の体に与える影響を医学的に解説しながら健康で安全な食事が行えるようアドバイスしていきます!

BLC Personal Gym 六本木はこれまで延べ5,000人以上にダイエット・運動指導を行ってきました。

その指導実績を元に今回の記事を作成しております。

 

Contents [hide]

トランス脂肪酸とは何か?

 

トランス脂肪酸の健康への影響

 

トランス脂肪酸の健康への影響:心臓病リスク

 

トランス脂肪酸の健康への影響:糖尿病リスク

 

トランス脂肪酸の健康への影響:肥満リスク

 

トランス脂肪酸と食品表示

 

トランス脂肪酸を選択する方法

 

トランス脂肪酸と健康に関する最新研究

 

トランス脂肪酸の摂取量や摂取頻度についての推奨値

 

トランス脂肪酸が含まれる代表的な食品

 

トランス脂肪酸についてのFAQ

 

参考文献

 

トランス脂肪酸についてのまとめ

 

 

 

この記事を読むと健康的で安全な食事方法を知ることができます。

176946_s

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸は、食品加工や調理によって生成される人工的な脂肪酸の一種です。天然には存在しません。型脂肪酸とトランス型脂肪酸があります。トランス型脂肪酸は、不飽和脂肪酸の一種であり、シス型脂肪酸と比べて、分子構造が崩壊しています。

トランス脂肪酸は、植物油の水素添加や食品加工によって作られます。食品に含まれる脂肪酸は、通常、シス型脂肪酸ですが、加熱や加工の過程で、一部がトランス型に変化することがあります。また、植物油の加工において、一部の植物油には天然に変換型脂肪酸が含まれることもあります。

トランス脂肪酸は、長期的に食べ続けると、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすなどの健康に問題を与えることが知られています。食品に含まれるトランス脂肪酸を適切に摂取することが重要です。 、多くの譲渡で食品中のトランス脂肪酸の使用が制限され、規制されるなど、健康上の問題が認められるようになっています。

 

 

【トランス脂肪酸の種類と摂取源】

トランス脂肪酸には、工業的に作られるトランス脂肪酸と天然に含まれるトランス脂肪酸の2種類があります。

工業的に作られるトランス脂肪酸は、植物油を水素添加して作られます。このプロセスによって、シス型脂肪酸がトランス型に変化します。

 

 

【トランス脂肪酸の健康への影響】

その代表的な影響としては、動脈硬化、心臓病、糖尿病、肥満などが挙げられますられます。

トランス脂肪酸が健康に問題を与える理由は、摂取したトランス脂肪酸が、体内で正常な脂肪酸と同じように代謝されることができないためです。また、血管内皮細胞にダメージを与え、血管内皮機能の低下を引き起こすこともあります。

トランス脂肪酸は、体内に阻害されやすく、長期的に摂取し続けることで、慢性的な健康被害が発生する可能性があります。 例えば、動脈硬化は、トランス脂肪酸の大量摂取によって、血管内皮の機能が低下し、血管が詰まることで起こる疾患です。また、心臓病は、動脈硬化が進行した結果、心臓の血管が詰まることで起こります。

さらに、トランス脂肪酸の摂取が肥満を引き起こすこともあります。トランス脂肪酸が含まれる食品は、味や食感を良くするために使用されることが多く、高カロリーであることが多いため、摂取なが続くと、体脂肪が引き下げられ、肥満につながることがあります。

 

【トランス脂肪酸の健康への影響:心臓病リスク】

トランス脂肪酸は、心臓病などの慢性疾患に対するリスクに関連していることが示されています。 その上、特に冠動脈疾患のリスクを増加させることが明らかになっています。

トランス脂肪酸と心臓病リスクの関係については、多数の研究が行われており、その多くがトランス脂肪酸が心臓病リスクの増加につながることを示しています。量が少ない人と比べて、冠動脈疾患のリスクが約2倍にもなるという報告もあります。

トランス脂肪酸が心臓病リスクへの影響を与えるメカニズムとしては、主に以下の2つが考えられます。

悪玉コレステロール(LDLコレステロール)の上昇 トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールの量を増やしていき、善玉コレステロール(HDLコレステロール)の量を減らすことが報告されています。塊(はんかい)が発生し、血液の流れが悪くなります。

炎症反応の促進がトランス脂肪酸は、血液中の炎症反応を促進することが報告されています。

 

 

【トランス脂肪酸の健康への影響:糖尿病のリスク】

トランス脂肪酸の摂取は、糖尿病のリスクを引き起こす可能性があることが示唆されています。 アメリカ大規模疫学研究によると、トランス脂肪酸の摂取量が増加すると、糖尿病発症率が増加することが報告されていますしています。

トランス脂肪酸は、体内で脂質代謝を調節するための酵素の働きを示していることが示されています。 、血糖値の上昇を引き起こすことが考えられます。

また、トランス脂肪酸は、炎症を起こすサイトカインの産生を促進することも報告されています。 これは、糖尿病発症に関連する低度の慢性炎症を引き起こす可能性があります。

しかし、過去に摂取されたトランス脂肪酸が体内に否定されることがあり、長期的な以上でのトランス脂肪酸の健康への影響については十分に検証されていません。

トランス脂肪酸の糖尿病リスクへの影響については、より多くの研究が必要です。しかしながら、一般的には、トランス脂肪酸の摂取を減らすことが、糖尿病の予防や管理に役立つとされています。

 

 

【トランス脂肪酸の健康への影響:肥満のリスク】

トランス脂肪酸の摂取は肥満リスクを高める可能性があると考えられています。トランス脂肪酸を多く含む食品は、通常の脂肪酸よりも消化吸収されやすく、エネルギーとして阻害されやすいとされています。

一般的に、トランス脂肪酸の摂取が多い人ほど、BMI(体格指数)が高くなる傾向があるとされています。また、過去の研究では、トランス脂肪酸の摂取量が増えると、腹囲が増加する傾向があります。も示されています。

さらに、トランス脂肪酸は、脂肪細胞の成長を促進することが知られており、これによって肥満リスクを高める可能性があるとされています。の作用を押し付けることがあり、このことが糖尿病リスクと関連していると考えられています。

 

 

【食品表示におけるトランス脂肪酸の表示義務】

日本では、2018年4月1日から表示が義務化され、特定保健用食品や機能性表示食品を除くほとんどの食品において、トランス脂肪酸含有量が表示されるようになりました。ただし、業務用食品については義務化されていません。

 

 

【食品表示におけるトランス脂肪酸の表示方法】

食品表示におけるトランス脂肪酸の表示方法は、「含有量」または「ゼロ」という表記をすることが義務付けられています。 具体的には、「トランス脂肪酸〇g含有」や「トランス脂肪酸ゼロ」といった表記がまた、食品表示においては、トランス脂肪酸がどの程度含まれているかについて、具体的な数値が表示されることが一般的です。

トランス脂肪酸を多く含む食品には、油揚げ、クッキー、菓子パン、ドーナツ、インスタントラーメン、フライドポテト、マーガリン、ショートニング、コーヒーフレッシュクリーム、調理済みの冷凍食品、フランスパンなどがあります。で、トランス脂肪酸を含む食品を選ぶことができ、健康に配慮した食生活を送ることができます。

 

 

【トランス脂肪酸を選択する方法】

トランス脂肪酸は、健康への懸念を無視することが知られていることがあり、大量に摂取することは避けたいものです。

 

トランス脂肪酸を含む食品の選び方

トランス脂肪酸を含む食品を選ぶ際には、原材料や栄養成分表示をよく確認しましょう。トランス脂肪酸を含む可能性がある食品としては、以下のようなものがあります。

・揚げ物やフライドポテトなどの揚げ物 ・クッキー、ビスケット、パイなどの菓子類 ・マーガリン、ショートニングなどの油脂類 ・インスタントラーメン、カップ麺などの加工食品

これらの食品を選ぶ際には、トランス脂肪酸が含まれているかどうかを確認することが重要です。

 

トランス脂肪酸を含む調理法の回避方

トランス脂肪酸を含む調理法を減らすことも、トランス脂肪酸の摂取を減らすことで重要です。 以下に、トランス脂肪酸を含む調理法と代替方法について説明します。

・揚げ物:油を使って揚げる場合は、トランス脂肪酸を含まない油を選ぶようにしましょう。 代わりの方法としては、オーブンで焼く、蒸す、煮るなどの調理方法があります。 : 代替方法としては、バターや植物性のマーガリンを使用することができます。また、油脂類をなるべく使わない菓子作りをすることも効果的です。 ・加工食品の調理:加工食品を調理する場合には、袋の指示通りに加熱するなど工夫が必要です。

 

【トランス脂肪酸と健康に関する最新研究】

例えば、2020年に発表された研究では、トランス脂肪酸を多く含む食品の摂取が、死亡率の増加と関連しているこの研究では、トランス脂肪酸の摂取が多い人は、トランス脂肪酸を摂取している人に比べて、心血管疾患、特に心臓発作による死亡率が高かったという結果が示されていますでした。

また、トランス脂肪酸の摂取が、認知機能や記憶力にも影響を与える可能性があるとする研究があります。 さらに、トランス脂肪酸の健康への影響は、その量や種類によっても異なる可能性があることが示されています。

これらの最新の研究から、トランス脂肪酸が健康に与える影響は深刻であることが示唆されている。

 

 

【トランス脂肪酸の摂取量や摂取頻度の推奨値】

トランス脂肪酸は健康に悪影響を与えるため、その摂取量は制限する必要があります。アメリカ食品医薬品局(FDA)は、1日当たりのトランス脂肪酸摂取量を、総摂取エネルギー量の2%以下に制限することを推奨しています。

また、トランス脂肪酸の摂取頻度も健康上の問題となります。トランス脂肪酸を多く含む食品の摂取頻度を減らすことが治療とされています。含まれるため、これらの食品を大量に摂取しないようにすることが重要です。

トランス脂肪酸は脂肪酸と同様に健康上の問題となるため、健康的な生活を維持するためには適度な量を摂取し、摂取頻度に注意することが必要です。

 

 

 

トランス脂肪酸が含まれる代表的な食品

 

トランス脂肪酸を多く含む食品には、以下のようなものがあります。

1. フライドポテトやポテトチップス、フライドチキンなどの揚げ物

 

 

 


2. クッキーやビスケット、ドーナツなどの焼き菓子やパイやタルト、ケーキなどの洋菓子

 

 

 

 

3. マーガリンやショートニングなどの油脂類

 

 

 

 

4. 冷凍食品やレトルト食品などの加工食品

 

 

 

 

5. コーンチップスやトルティーヤチップスなどのトウモロコシチップス


 

 

これらの食品には、トランス脂肪酸が含まれる場合があります。トランス脂肪酸は、添加物として加えられていることがあるほか、食品の製造過程で発生することもあります。特に、フライドフードや加工食品に多く含まれていることが知られています。トランス脂肪酸を多く含む食品を摂取すると、健康被害を引き起こす可能性があるため、できるだけ控えることが望ましいです。

トランス脂肪酸に関するよくある質問と回答です。

 

Q:トランス脂肪酸とは?

A: トランス脂肪酸とは、油を加工する過程で発生する脂肪酸の一種です。植物油を水素添加して加工すると、不飽和脂肪酸が飽和脂肪酸に変わりますが、この際に現れる構造変化がトランス脂肪酸です。天然には、乳製品や肉類などに微量含まれます。

 

Q: トランス脂肪酸は、なぜ健康に悪いですか?

A: トランス脂肪酸は、体内で不要な物質として処理されるため、その処理過程で発生する有害物質が健康に影響を与えます。脂肪酸は、悪玉コレステロールを増やし、善玉コレステロールを減らすため、動脈硬化や心臓病などのリスクを高めています。

 

Q: トランス脂肪酸は、どのような食品に含まれていますか?

A: トランス脂肪酸は、パン、クッキー、菓子類、揚げ物、マーガリンなど、様々な食品に含まれています。含まれていることが知られています。

 

Q: トランス脂肪酸を優先するには、どうすればよいですか?

A: トランス脂肪酸を優先するには、加工食品のラベルをよく確認することが大切です。あれば、トランス脂肪酸を含む可能性があるため、避けた方がよいです。また、マーガリンやショートニングなどもトランス脂肪酸を含むので、摂取を控えた方が良いです。

 

Q: トランス脂肪酸を含む食品の代替品はありますか?

A: はい、トランス脂肪酸を含まない油やマーガリンを使うことができます。 例えば、オリーブオイル、アーモンドオイル、ココナッツオイル、菜種油などは健康的なものですまた、バターや植物性のマーガリンは、トランス脂肪酸を含むものがあるため、表示を確認することが重要です。

 

Q:トランス脂肪酸は完全にやめるべきですか?

A:多くの食品に含まれるため、完全に摂ることができなくても、摂取量を減らすことが大切です。

 

Q: トランス脂肪酸はどのように調理されますか?

A: トランス脂肪酸は、油を加熱しすぎたり、繰り返し使用することによって生成されることがあります。また、一部の加工食品には、トランス脂肪酸を含む油を使用しているため、それらの食品を摂取することもあります。 そのため調理においては、適切な油の選択や油の使用回数の管理をすることが重要です。

 

Q: トランス脂肪酸が含まれる主な食品には何がありますか?

A: トランス脂肪酸が含まれる主な食品には、揚げ物、スナック菓子、フライドポテト、ドーナツ、パイ、マーガリン、ショートニングなどがあります。食品を摂取する場合は、できる限り表示を確認し、トランス脂肪酸を含まないものを選択するようにしましょう。

 

 

参考文献

以下に、トランス脂肪酸が体に悪影響を与えるということが示されている論文とそのURLをいくつか紹介します。

 

1. Mozaffarian, D., et al. "Trans fatty acids and cardiovascular disease." New England Journal of Medicine 354.15 (2006): 1601-1613. (https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMra054035)
この論文では、トランス脂肪酸が心血管疾患のリスクを増加させることが示されています。総合的なメタ分析により、トランス脂肪酸の消費が増えるにつれ、心血管疾患の発生率が上昇することが明らかにされています。

 

2. Brouwer, I. A., et al. "Trans fatty acids and cardiovascular health: research completed?" European Journal of Clinical Nutrition 68.11 (2014): 1172-1177. (https://www.nature.com/articles/ejcn2014194)
この論文では、トランス脂肪酸が心血管疾患のリスクを増加させることが明らかにされているだけでなく、トランス脂肪酸の消費を減らすための国際的な取り組みについても論じられています。
 

 

世界のトランス脂肪酸に関する情報も合わせて紹介します。

 

1.日本の厚生労働省が公表している、トランス脂肪酸についてのQ&Aです。トランス脂肪酸の健康被害や摂取量の目安、含まれる食品などが記載されています。

厚生労働省「トランス脂肪酸に関するQ&A」(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000091319.html)

 

 

2.世界保健機関(WHO)が公表している、トランス脂肪酸に関する情報です。トランス脂肪酸の健康被害や摂取量の目安、含まれる食品などが記載されています。また、WHOがトランス脂肪酸を含む食品を全面的に排除する計画を進めていることも紹介されています。
WHO「Trans fat free: WHO plan to eliminate industrially-produced trans-fatty acids from global food supply」(https://www.who.int/news-room/detail/23-04-2019-fats-oils-food-and-food-service-industries-should-join-global-effort-to-eliminate-industrial-trans-fat-from-processed-food-by-2023)

 

 

3.アメリカ食品医薬品局(FDA)が公表している、トランス脂肪酸に関する情報です。トランス脂肪酸の健康被害や含まれる食品、FDAが制定したトランス脂肪酸規制などが記載されています。
FDA「Trans Fat」(http://wayback.archive-it.org/7993/20180424193951/https://www.fda.gov/Food/LabelingNutrition/ucm274590.htm)

まとめ

トランス脂肪酸は、悪玉コレステロールの上昇や心疾患や糖尿病などの慢性疾患のリスクを高めることが知られています。また、肥満のリスクも上昇させるとされています。

トランス脂肪酸を含む主な食品は、加工食品や揚げ物、スナック菓子、マーガリン、ショートニングなどです。トランス脂肪酸の含有量を確認するためには、食品表示をよく読むことが大切です。

また、加工食品やファーストフードを控え、食品表示の情報を確認し、トランス脂肪酸を含まないものを選ぶようにしましょう。植物油を適量摂取することが、トランス脂肪酸の代わりになることが知られています。

健康的な食生活を送るためには、トランス脂肪酸についての正しい知識を持ち、適切な選択を行うことが必要です。

 

いかがしたでしょうか。

トランス脂肪酸の体に与える影響についてしっかり学べたかと思います。

今回はトランス脂肪酸について医学的に解説しましたが、instagramでも有益な情報を投稿しております。
こちらも合わせてチェックをお願いします!

 

☆BLC Personal Gym 六本木

六本木ダイエット専門パーソナルジム

■初心者、子連れのママさん大歓迎

■会員継続率96%・5,000人以上の指導実績

ダイエットボディメイクを専門に女性特有のお悩みを解決

姿勢改善、腰痛改善、産後骨盤矯正

 

【アクセス】

東京都港区赤坂9-6-30 乃木坂プレース401

東京メトロ千代田線 乃木坂駅徒歩2分

都営大江戸線 六本木徒歩7分

 

体験予約はこちらから

NEW

CATEGORY

ARCHIVE

体験トレーニング・カウンセリング 0円 で今すぐお試し
BLC Personal Gym 六本木
090-5822-3000 090-5822-3000
10:00~21:00

SNSで最新情報発信

  • Instagram
  • Line@